browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

公明党が自民の制御役に

Posted by on 2014年9月3日

自民党が衆院選で圧勝しましたが独走を制御する役割の党が
必要ではないでしょうか。
惨敗した民主党はまだぐらつきがあり、国民の不信感をぬぐい切れず
新代表も決められない状態ですから、民主にその役割があるとは思えません。
そこでこれから自民党の独走を制御する役割を担うのは、公明党であるという
ニュースを見ました。
連立政権発足にむけ、憲法改正などの対立はまだあるものの自民と公明は
合意したようです。
憲法9条の改正は、平和を主張する公明党にとっては大きな問題であり
国民の意思を思いっきり自民党にぶつけてくれる代弁者となるのではないでしょうか。
安倍総裁としては公明党の連立を優先したいようで、憲法改正に関しては
そこまで強く進めない方針のようですが、今後対立した場合に日本維新の会の
後押しなどがあっては国民の声は届きにくく、憲法改正になることも十分考えられます。
また、脱原発を掲げる公明党と、後ろ向きな自民党と、国民の本音と
経済の本音がぶつかる場でもありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>